大腸がんは早期発見・早期治療が大切です。大腸がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!
大腸癌の早期発見・早期治療のために
大腸がんの基礎知識
大腸がんの分類(深さ)

 ガン全般にいえることですが、ガンは進行度合いによって「早期がん」「進行がん」などと呼びます。これはガンがどれくらい深くまで到達しているかによって分類されます。大腸の壁は内側から順に「粘膜」「粘膜下層」「固有筋層」「漿膜」から成り立っており、大腸がんは粘膜から順に侵していき、進行するに従って徐々に粘膜下層、固有筋層へとガン細胞が浸潤していきます。さらに進行すると漿膜を破り、大腸からガンが露出する事になります。こうなってしまうとガン細胞が周囲に散らばるため、他臓器への転移の危険性が高まります。

 大腸がんでは、粘膜下層までのガンを「早期がん」、「固有筋層」まで達したガンを「進行がん」と呼んでいます。早期がんであれば内視鏡によって切除する事が可能ですが、進行がんになると大腸の部分切除など外科的手術が必要になります。
 ガンがどのくらい深くの層まで達しているかを表す言葉として「深達度」があります。日本では「大腸癌取扱い規約」によってこの深達度が6段階に分類されています(下表参照)。

≪結腸≫
  進達度記号 ガンがどの部分まで達しているか
1 がんは粘膜内にとどまり、粘膜下層におよんでいない
2 sm がんは粘膜下層にとどまり、固有筋層におよんでいない
3 mp がんが固有筋層にとどまり、これを越えていない
4 ss がんが固有筋層を越えているが、漿膜表面には出ていない
5 se がんが漿膜表面に露出している
6 si がんが直接、他臓器に浸潤している

≪直腸≫
  進達度記号 ガンがどの部分まで達しているか
1 がんは粘膜内にとどまり、粘膜下層におよんでいない
2 sm がんは粘膜下層にとどまり、固有筋層におよんでいない
3 mp がんが固有筋層にとどまり、これを越えていない
4 a1 がんが固有筋層を越えているが、さらに深くは浸潤していない
5 a2 がんが固有筋層を越えて、さらに深く浸潤しているが、他臓器に浸潤していない
6 ai がんが直接、他臓器に浸潤している









 ≫ 大腸がんとは

 ≫ 大腸がんになりやすい人とは

 ≫ 大腸がんを早期発見するためには

 ≫ 大腸がんと痔の症状の違いは

 ≫ ポリープの切除

 ≫ 大腸がんの症状

 ≫ 大腸がんの分類(形)

 ≫ トップページへ


掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2010〜. 大腸がんの基礎知識 All rights reserved