大腸がんは早期発見・早期治療が大切です。大腸がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!
大腸がんの基礎知識
公的助成を上手に活用しよう

 傷病手当金制度

 傷病手当金制度とは、社会保険に加入している被保険者が病気や怪我の治療で長期間仕事を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に生活保障として賃金の一部が支払われる制度です。傷病手当金は治療のために連続して3日以上欠勤したときに4日目から支給されます。最初の継続した3日間の休みを待期期間といい、有給休暇扱いでも構いません。3日間の待機期間の後、4日目以降労務不能で欠勤して給料の支払いがない時に傷病手当金が支給されます。 労務不能期間については、治療を受けている医療機関の医師に傷病手当金請求書の所定の欄に労務不能期間を記入してもらうことで証明をしてもらいます。自分だけの判断で欠勤し、医師の証明がもらえないときは、労務不能と認めてもらうことはできません。

 政府管掌健康保険の場合、労務不能の1日につき給与(標準報酬日額)の6割の傷病手当金が支給されます。大手企業に多い健康保険組合や公務員が加入している共済組合では、さらに上乗せの給付があり8割程度まで支給されることもあります。ただし、事業主から傷病手当金より多い報酬額を支給された場合など、いくつかのケースではその支給日額が傷病手当金の日額より多いと傷病手当金が支給されません。

 支給される期間は最長でもらい始めてから1年6カ月となっており、その後労務不能の状態が続いていたとしても傷病手当金は期間満了として打ち切られてしまいます。ただし、1年6カ月の間ならば、働いても再発してまた休み始めた時には何度でも傷病手当金をもらうことができます。 しかし、同一の傷病の場合の支給期間は1年6カ月で終了するため、傷病手当金を半年受給して復職し、1年後に再発した時は、すでに最初の支給から1年6カ月に到達しているため、傷病手当金をもらえないことになります。ただし、1年6カ月の間でも因果関係のない他の傷病が起こった場合には、傷病手当金の対象となります。






 ≫高額療養費制度

 ≫高額医療費融資制度

 ≫医療費控除
掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2010. 大腸がんの基礎知識 All rights reserved